いとしのエリーの思い出

2013 年 7 月 31 日 | タグ:

私は小さかった時、ピアノを習っていました。

しかし、あまりピアノが好きではありませんでした。
クラシックの曲って子供にとってとても暇なんですよね。

ピアノ画像

きゃりーぱみゅぱみゅとかの方がよっぽど弾くモチベーションにもなると思うのですがね。
そんなこんなで、練習は全くしませんでした。すると、週一回のピアノのレッスンの時間に「なんで練習してこないの!」と怒られるからまた嫌になる。だから練習しない、の悪いスパイラルに入るわけです。

ただ、ピアノの練習が好きになったこともないわけではありません。
いとしのエリーを弾くことになった為です。
いとしのエリーと言えば、サザンオールスターズの不朽の名作です。子供ながらに、この曲は良い曲だと気に入ってました。
スローテンポなのでピアノでも弾きやすかったです。また、有名な曲なのでメロディがわかるのがとても助かりました。
クラシックだと子供にとっては初めて聞く曲なので、メロディやテンポがわからないのですよね。
発表会でも「いとしのエリー」を小学生が弾くということで、注目の的でした。人生で一番注目された出来事かと思いますが、かなり練習して自分のものしていたので、全く緊張しなかったのを覚えています。

3才から高校に入るまでずっとピアノを続け、何曲も発表会の為に暗譜で弾けるようにしてきたのに、大人になった今でも弾くことができるのはいとしのエリーだけです。
プロポーズの際に彼女に歌ってあげましょうかね。

コメントはまだありません。